脳神経外科のご紹介

基本方針

 当院は都城曽於医療圏脳卒中連携協議会に於ける唯一の急性期病院として、また日本脳卒中学会が認定する一次脳卒中センター(PSC)として、脳神経外科医専門医・指導医2名と脳神経外科専攻医1名の合計3名体制で診療にあたっています。 

 病棟は4階西病棟にあり、脳、脊髄の疾患を中心に専門的治療を行っております。呼吸・循環管理を要する重傷者は、2階病棟のICU/HCUにて、循環器科・麻酔科・呼吸器内科との早朝カンファレンスを行い、全身管理を行っております。
 脳神経外科病棟に入院されました患者さんにつきましては、毎朝の医師・看護師・リハスタッフ・メディカル・ソーシャルワーカー 同席にての病棟カンファレンスと総回診に加え、毎週2回の急性期リハビリテーション・カンファレンスを行い、脳卒中急性期加療後は、速やかに回復期リハビリ病院への転院が行えるよう努めております。

 手術につきましては、超急性期脳梗塞に対する rt-PA静注療法に留まらず、脳血管内治療での機械的血栓回収療法は勿論の事、くも膜下出血に対する破裂脳動脈瘤コイル塞栓術、および頚動脈狭窄症に対する頸動脈ステント留置術や脳動静脈奇形や硬膜動静脈瘻に対する塞栓術を、日本脳神経血管内治療専門医2名と脳卒中専門医1名で意欲的に行っております。

 もちろん顕微鏡手術として、脳出血、脳動脈瘤、くも膜下出血、脳動静脈奇形、頸動脈閉塞・狭窄、もやもや病などの脳血管障害および脳腫瘍や、頭部外傷に加えて、三叉神経痛や顔面けいれんなどの機能的疾患、脊椎脊髄疾患、中枢神経奇形、水頭症などに対するものを守備範囲としています。

 また、より高度な医療が必要な患者さんには、宮崎大学医学部付属病院との密な連携と協力体制を整えています。

 当科では、都城曽於医療圏の皆様の御期待に添えるよう、そして患者さん一人一人に最善の医療が提供できるよう、スタッフ一同、日々研鑽し診療に励む所存です。

文責: 脳神経外科 内之倉 俊朗

医師紹介

スタッフ (脳神経外科)

医長、4階西病棟医長
内之倉 俊朗-うちのくら しゅんろう-

出身大学宮崎医科大学 (1996年卒)
専門分野脳神経外科一般・脳血管障害・脊椎脊髄外科・脳腫瘍
資格(学位)
医学博士(宮崎大学医学部大学院医学研究科博士課程2006年卒)
・宮崎大学医学部脳神経外科臨床教授
・都城曽於医療圏脳卒中地域連携協議会 会長
(学会認定医)
・日本脳神経外科学会認定専門医・指導医
・日本脳血管内治療学会認定専門医
・日本脳卒中学会認定専門医
・日本脊髄外科学会認定専門医

副医長
松元 文孝-まつもと ふみたか-

出身大学宮崎医科大学 (2006年卒)
専門分野脳神経外科一般・脳腫瘍・脳血管障害・小児脳神経外科
資格(学会認定医)
・日本脳神経外科学会認定専門医・指導医

医員
河野 朋宏-かわの ともひろ-

出身大学宮崎大学医学部医学科 (2015年卒)
専門分野脳神経外科一般
資格日本脳神経外科学会専攻医

診療実績・研究実績

業績集(2018年1月1日~2018年12月31日)

誌上発表

1)入佐剛、大田元、山﨑浩司、内之倉俊朗、竹島秀雄:頚部内頚動脈解離による脳梗塞を合併したEagle症候群の1例:脳卒中の外科, 46:210-215, 2018
2)山﨑浩司、大田元、山下真治、入佐剛、内之倉俊朗、竹島秀雄:ステントリトリーバー導入後の当院での急性期血行再建術の治療成績~有効な再開通が得られなかった症例の検討~.脳卒中:J-STAGE 早期公開,2018.12.30

学会発表

◇全国学会・研究会
1)入佐剛、山﨑浩司、内之倉俊朗、大田元、竹島秀雄:成人もやもや病における複合血行再建術の有用性.第47回日本脳卒中の外科学会学術集会, 2018,3,福岡
2)山﨑浩司、入佐剛、内之倉俊朗、大田元、竹島秀雄:ステント型リトリーバーの導入後の急性期血行再建における内頚動脈閉塞症例の治療成績.第43回日本脳卒中学会学術総会, 2018,3,福岡
3)内之倉俊朗、入佐剛、山﨑浩司、大田元、横上聖貴、竹島秀雄、呉屋朝和:多椎間頚椎前方除圧固定術における ADDplus 使用経験.第33回日本脊髄外科学会,2018,6,奈良
4)都志洋太、呉屋朝和、池田俊勝、秋葉大輔、川添琢磨、上原久生:歯突起骨折 type 2 に伴う AAD に対して trans oral approach で手術した一例.第33回日本脊髄外科学会,2018,6,奈良
5)都志洋太、牟田淳一郎、米山匠、秋葉大輔、川添琢磨、上原久生、呉屋朝和:上位胸椎 perimedullary AVFに対する前方アプローチの一例:第33回日本脊髄外科学会,2018,6,奈良
6)内之倉俊朗、都志洋太、山﨑浩司、入佐剛、大田元、竹島秀雄:当院における neck remodeling balloon assist を用いた動脈瘤コイル塞栓術の治療成績.第77回日本脳神経外科学会学術総会, 2018,10,仙台
7)山﨑浩司、都志洋太、内之倉俊朗:症候性頸部頸動脈解離に対する急性期血行再建術の1週間後にStanford B型大動脈解離を発症した1症例.第77回日本脳神経外科学会学術総会, 2018,10,仙台
8)内之倉俊朗、都志洋太、山崎浩司、川野真嗣、生嶋一朗、大田元、竹島秀雄:当院における破裂脳動脈瘤コイル塞栓術の治療成績.第34回日本脳神経血管内治療学会学術集会, 2018,11,仙台
9)山崎浩司、都志洋太、内之倉俊朗:当院における頭蓋内動脈狭窄症の治療経験:第34回日本脳神経血管内治療学会学術集会, 2018,11,仙台
10)都志洋太、山﨑浩司、内之倉俊朗、大田元:当院におけるCASの成績と今後の展望について.第34回日本脳神経血管内治療学会学術総会, 2018,11,仙台

◇県内研究会
1)入佐剛、山﨑浩司、内之倉俊朗:成人もやもや病に対する血行再建術の工夫、検討.:第53回宮崎脳神経外科手術研究会, 2018,1, 宮崎
2)内之倉俊朗、入佐剛、山﨑浩司、大田元:前年度の脳卒中地域連携パス運用状況について.2017年度第3回都城曽於脳卒中地域連携講演会,2018,2, 都城
4)内之倉俊朗、都志洋太、山﨑浩司、大田元:当院における血管内再開通療法の変遷と治療成績~RCTを踏まえた今後の課題~.都城学術講演会, 2018,5, 都城
5)山崎浩司、都志洋太、内之倉俊朗:痙攣重積で発症したMELASを疑った高齢者の1症例.第3回てんかん連携の会, 2018,6, 都城
6)都志洋太、山崎浩司、内之倉俊朗:脳卒中とDOAC.第3回霧島脳神経カンファレンス(KNC), 2018,6, 都城
7)都志洋太、山﨑浩司、内之倉俊朗 牟田淳一郎、米山匠、秋葉大輔、川添琢磨、上原久生、呉屋朝和:上位胸椎 perimedullary AVFに対する前方アプローチの一例.第28回宮崎脳卒中研究会,2018,8,宮崎
8)内之倉俊朗、都志洋太、山﨑浩司、大田元:都城エリアにおける脳卒中治療・病診連携について.都城市北諸県郡薬剤師会9月二水会, 2018,9, 都城
9)都志洋太、山崎浩司、内之倉俊朗:STA-MCAバイパス術後に難治性痙攣重積を生じた1例.第4回てんかん連携の会, 2018,11, 都城